2010年06月21日

伊東社長、無配を陳謝 ANA株主総会

全日本空輸の定時株主総会が21日午前10時、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で始まった。

 2010年3月期決算で過去最悪の最終赤字に転落する一方で、公的支援を受けて経営再建を進める日本航空との競争が激化する中、どう業績回復に道筋を付けるかに注目が集まり、多数の株主が出席。議長の伊東信一郎社長は冒頭、赤字転落に至った経緯を説明し、無配としたことを陳謝するとともに、次期決算で復配を目指すと説明した。アジアを中心に景気が持ち直してはいるものの、世界的なリセッション(景気後退)前の水準に戻るにはなお時間がかかると指摘。航空機材の更新などのコスト削減策や、国内線、国際線の強化に取り組む考えを示した。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。