2010年05月06日

【NBA】レイカーズ地元で圧勝、シリーズ突破に王手

昨年のNBA王者ロサンゼルス・レイカーズが、地元でのプレーオフ1回戦、オクラホマシティ・サンダーとの第5戦を111対87で制し、対戦成績を3勝2敗としてシリーズに王手をかけた。

 敵地での第3、第4戦で連敗したレイカーズだが、この日は出だしからサンダーを圧倒。21点の大量リードで前半を折り返すと、第3Q終盤にはその差を32点に広げた。第4Qにはコービー・ブライアントらの主力をベンチに温存し、余裕の試合運びで勝利を決めた。

 またレイカーズは、ここまでの試合で平均26.7得点をマークしていたサンダーのケビン・デュラントを17得点に抑えるなど守りでも奮起。パウ・ガソルが25得点、11リバウンド。アンドリュー・バイナムが21得点、11リバウンドとビッグマン2人が本領を発揮して相手につけ入るすきを与えなかった。

 シリーズ第6戦はオクラホマシティで現地30日に行われる。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。